Return to site

お見合い大国の中国、日本の「マスク着用お見合い」にビックリ!!

中国では週末になると、至るところでお見合い大会が繰り広げられる。本人よりもわが子の幸せを願う親が熱心で、会場に行くと子のプロフィールを掲げた高齢夫婦の姿をよく見かけるのだ。そんな「お見合い大国」の中国だが、このほど日本で行われたお見合いイベントには驚きを隠せなかったようだ。

中国メディア・今日頭条は17日、東京で16日にマスク着用が条件のお見合いイベントが行われたことを報じた。記事は、お見合いが日本でも結婚相手探しの重要な手段になっており、マスク着用のお見合い大会も流行し始めていると紹介。風邪や花粉症でもないのにマスク着用が必須とされるお見合いが流行する背景について、記事は「多くの人が、相手に自分の外見ではなく性格を重視してもらいたいと望んでいるからだ」と解説した。

日本人の「マスク好き」は、今や中国のネット上でも良く知られていることだ。風邪やインフルエンザの感染を防ぐ、つらい花粉症の症状を抑えるといったメディカルな理由に加えて、ファッションアイテムとしても用いられることがしばしば伝えられる。記事を見た中国のネットユーザーからは、「このアイデアはなかなか」、「日本人は創意あるなあ」といったポジティブなコメントが見られた。

一方で、「やっぱり見た目は大事だろう」という意見も。「美を愛するのは人の常」、「ずっとマスクをしてなきゃいけないのか」、「外すときのことを考えると、スリリングだな」といった声が寄せられた。さすがはマスク好きの日本人、だけれどやっぱり見た目の相性も大事、というのが中国ネットユーザーの総意と言えそうだ。

マスクや仮面をつけた婚活が流行りつつある日本

日本でマスクを着用するお見合いには、お見合い大国の中国の人達も驚いたようだ。

例えば、「マスクdeお見合い」「婚活仮面舞踏会」など、内面重視の婚活としてマスクや仮面をつけた婚活が日本では増えている。

中には、マスクをつけてお見合いをするだけではなく、お見合いの参加者が、自分の内面を手軽に表現できるプロフィール機能、お見合い終了後もコミュニケーションを取れるチャット機能を備えたアプリもリリースされる時代である。

日本でマスクをつけた婚活が流行っている背景には、外見ではなく内面を重視して相手から選んでもらえることもあるが、そうした婚活イベントでカップリングする割合が、通常の婚活イベントよりも高いことが挙げられる。

あるイベントでは、参加者がカップリングした割合は9割を超えたこともあるようだ。

マスクの効果で内面を重視して相手を選べる理由

別にマスクがなくても内面を重視して相手を選ぶことはできると考えている人も多いだろうが、人は最初に与えられた印象に強く影響される傾向があり、しかもその印象は出会ってから4分間で決まると言われている。

つまり、いくらあなたが外見ではなく内面を重視して相手を見ていると言ったところで、4分間で相手の内面の良さを知ることは、時間が短すぎてほぼ不可能であるから、結局は無意識に外見の印象で相手を選んでしまっているのだ。しかし、マスクをつけて婚活をすれば、外見の情報をかなり遮断することができるようになるので、その重要な出会ってからの4分間では、より内面の印象を相手に残すことができるようになる。これこそがマスクや仮面をつけた婚活で、カップリングの割合が高い秘密だろう。こうした理由からも、今後さらにマスクや仮面をつけた婚活が、日本では増えていくものと考えられる。

テキストを追加する

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly