Return to site

DNA鑑定で親子関係ナシの割合は2割、慰謝料や養育費はどうなる?

近年、DNA鑑定で親子関係を調べる人が増えているようだ。それも、特に多いのが、「両親に促されて」行うパターンだという。

DNA鑑定を専門に行っているNPO法人遺伝子情報解析センターの山田浩史代表理事は、「4年前から親子鑑定を請け負うようになって、毎年10~15%ずつ依頼が増えていると話す。

同センターでは毎月150件ほどの鑑定依頼を受けているという。そのうちの40%が父親、40%が母親で、残り20%が祖父母からの依頼だという。

今回、もしDNA鑑定で親子関係がナシという判断になった場合、慰謝料や養育費はどうなるのか、考えてみます。

(詳細は以下のURLのリンク先からご覧ください。)

https://aikatu.jp/archives/news/192286

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly